2007年08月13日

雅子妃、コーチ COACH/ ダブルホック財布 [6015/ブラック

お →もっと詳しく★ 大人気のシグネチャーラインの財布です!優れた機能性と耐久性、デザインで、名実ともに実力派NO.1の「COACH」。雅子妃や小渕優子さんなど、知的でハイセンスな女性達にこよなく愛されるアメリカン・ブランドです。

「宮内庁は雅子妃に対して跪いて謝罪すべき」とAFP通信へのコメントと同様の趣旨の発言をしたほか、「宮内庁は雅子妃を容赦なくいじめた。

雅子妃とは
徳仁親王妃雅子(なるひとしんのうひまさこ、旧名:小和田 雅子(おわだ まさこ)、1963年12月9日 - )は、日本の皇族。
皇室典範第23条では、敬称を「殿下」としているが、実際には「雅子妃殿下」もしくは「妃殿下」と呼ばれる。


雅子妃とミカドの世界雅子妃とミカドの世界
小学館文庫 著者:小田部雄次出版社:小学館サイズ:文庫ページ数:234p発行年月:2002年01月この著者の新着メールを登録する【内容情報】(「BOOK」データベースより)昭和天皇による側室制度の廃止は皇室の近代化をもたらした。しかしその一方で、直系男子を絶やさぬための安全弁は取り払われ、皇位継承者を産む重責は、ひとり皇太子妃が負うこととなった。雅子妃が皇室に嫁いでから、懐任、出産へといたる九年間は、まさに「日嗣の皇子」誕生への多大な期待とともにあったといえるだろう。開かれつつある皇室と、いまだ開かれざる皇室の狭間で、「皇室の女性たち」に求められる役割とは何なのか。女官制度の歴史や変遷をも辿りつつ、天皇制における女性の役割を検証し、皇室に生きる女性たちの今に迫る。【目次】(「BOOK」データベースより)第1章 雅子妃の九年(“お世継ぎ”出産への期待/女帝論の登場 ほか)/第2章 一夫多妻制の廃止(裕仁皇太子の女官制度改革/古代の女官たち ほか)/第3章 「開かれた皇室」の女官たち(昭和戦前の女官長たち/敗戦直後の女官長 ほか)/第4章 皇位の継承(皇族と皇位継承者/歴代天皇と女帝 ほか)【著者情報】(「BOOK」データベースより)小田部雄次(オタベユウジ)1952年東京生まれ。立教大学大学院博士課程修了。立教大学、東京女子大学などで教鞭をとり、現在は静岡精華短期大学助教授。専攻は日本近現代史、主な研究テーマは「近代皇室史」である(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)この商品の関連ジャンルです。 ・本> 人文・地歴・哲学・社会> 歴史> 伝記(外国)




posted by キティちゃん at 01:48| OMCカードについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。