2007年08月31日

マサコ、焼烤部会合

マサコはあの仁王人形本当に好きだ。。

。あの様、どこも手に持って、もう汚い。

。。

(←焼きとき、一緒焼いたも幸いだ。。

。 。

。。

。) ◆GO HOME 以上、 PS: マサコ、あの絵。

。もうそんなに経つんだね。

「人の心は変わるんだ。愛なんて消える。

」 って言ったシンタロウさんとマサコという気丈な女の話。邪魔する女が出てきたり、 二人が一緒になろうとすると、他の誰かが苦しむとか。



プリンセス・マサコプリンセス・マサコ
著者:ベン・ヒルズ/藤田真利子出版社:第三書館サイズ:単行本ページ数:319p発行年月:2007年08月この著者の新着メールを登録する【紹介】これは極めて有能なひとりの女性を巡る「人権喪失の記録」である。加害者は、私たちすべての日本人なのである。オーストラリアのジャーナリストによって書かれ、宮内庁・外務省の猛反発を買った「日本の皇太子妃雅子の悲劇的な真実」の書、遂に邦訳出版なる!【目次】   序文 1章 黒衣の男たち 2章 父親の娘 3章 母親の息子   最後の皇帝 4章 優等卒業 5章 夢見る尖塔   宮内庁御用達 6章 誓い 7章 皇位継承の行方 8章 神の手 9章 黒い犬10章 めでたしめでたしでは終わらない   訳者あとがき   参考文献この商品の関連ジャンルです。 ・本> 人文・地歴・哲学・社会> 歴史> 伝記(外国)




posted by キティちゃん at 01:40| OMCカードについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。